後藤内科医院、リウマチ科、内科

関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチとは

  原因不明の全身性の慢性の多発性滑膜炎です。滑膜とは関節の周囲を取り囲むように存在する膜で、滑膜に炎症が起きて、増殖がおきる(この状態をパンヌスと呼びます)と、関節が腫れ、関節液がたまることになります。滑膜から産生される炎症物質などの作用で痛みが生じます。ですから、関節リウマチの初期には、軟骨や骨に病変が及んでいない場合は、関節のレントゲンを撮っても異常が見られないことがあります。

 

関節リウマチの診断

現在一般的に、関節リウマチの診断には、1987年にアメリカリウマチ学会で作成された分類基準が使われています。

 

この診断基準は、
 (1)6週間以上持続する朝のこわばり(1時間以上続くこと)
 (2)6週間以上持続する3個所以上の関節の腫れ
 (3)6週間以上持続する手の関節(手関節、中手指節関節(第3関節)、近位指節関節(第2関節))の腫れ
 (4)6週間以上持続する対称性の関節の腫れ
 (5)手のエックス線写真の異常所見
 (6)皮下結節
 (7)血液検査でリウマチ因子が陽性

 

の7項目からできています。 このうち4項目以上満たせば関節リウマチと診断します。つまり、リウマチ因子陽性だけでは、関節リウマチと診断できないわけです。

 

しかし、この基準では、早期の関節リウマチを見つけることは非常に困難なため、2010年に新たにアメリカ/欧州リウマチ学会で、関節リウマチの早期分類基準が発表されました。この基準によれば、1つ以上の関節腫脹を認めれば、スコアリング(表:アメリカ/欧州リウマチ学会の新関節リウマチ分類基準)に基づき、関節リウマチと診断できます。ただし、他の関節腫脹を来たす疾患を鑑別する必要があります。他の関節腫脹を来たす疾患としては変形性関節症、全身性エリテマトーデスなどの膠原病、血管炎、痛風、ベーチェット病、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎などが挙げられます。

 

表:アメリカ/欧州リウマチ学会の新関節リウマチ分類基準

 

項目が4つに分けられています。それぞれの点数を算出し、合計が6点以上の場合に関節リウマチと診断されます。

腫れ・痛みのある関節の数 点数
中・大関節に1つ以上の腫脹または疼痛関節あり 0点
中・大関節に2〜10個の腫脹または疼痛関節あり 1点
小関節に1〜3個の腫脹または疼痛関節あり 2点
小関節に4〜10個の腫脹または疼痛関節あり 3点
1つの小関節を含む11個以上の腫脹または疼痛関節あり 5点

「中・大関節」とは肩関節、肘関節、股関節、膝関節、足関節(くるぶしの関節〉を指します。「小関節」とは手足の指・趾の関節の大部分、それに手首の関節を指します。DIP関節(指の第1関節)、第1CM関節(親指の付け根の関節)、第1MTP関節(足の母趾の第1関節)は評価対象外です。

 

免疫の異常 点数
リウマチ因子、抗CCP抗体ともに陰性 0点
リウマチ因子、抗CCP抗体の少なくとも1つが陽性・低力価 2点
リウマチ因子、抗CCP抗体の少なくとも1つが陽性・高力価 3点

陽性・低力価:正常上限値の1〜3倍まで。陽性・高力価:正常上限値の3倍以上。
抗CCP抗体:シトルリン化蛋白は関節リウマチにおける主要な自己免疫のターゲットであることが明らかにされ、抗CCP抗体は、シトルリン化蛋白の一つであるフィラグリンのシトルリン化部位を含むペプチドを環状構造とした抗原 (CCP:cyclic citrullinated peptide) を用いて検出される関節リウマチ特異的な自己抗体です。関節リウマチの早期診断に有用です。

 

症状の持続期間 点数
6週間未満 0点
6週間以上 1点

 

炎症反応 点数
CRP、ESRともに正常 0点
CRP、ESRのいずれかが異常 1点

 

この診断基準で6点以上であれば、関節リウマチと診断できるわけですが、4-5点の方が、関節リウマチではないと判断するのは非常に難しいといえるでしょう。そこで、関節炎を起こしている部位の関節MRI検査を受けることをお勧めします。関節X線検査で正常に見えても、関節MRI検査により、早期に関節リウマチの病変(びらん:骨の一部が欠けた状態、滑膜炎)が認められることがあります。

 

以上のように、関節リウマチには決め手となる検査はなく、総合的に判断して診断をしています。


関節リウマチ記事一覧

リウマチ因子とは

Q1:リウマチ因子とはリウマチ因子(本当の名称はリウマトイド因子)は、免疫グロブリンのひとつであるIgGに対する自己抗体で本来関節リウマチに特異的な検査項目ではありません。関節リウマチ患者のリウマチ因子陽性率は約80%で、正常者でも1-5%程度陽性となります。Q2:リウマチ因子陽性となる疾患は?関節...

≫続きを読む

 

関節リウマチの治療

当院では、できる限り、下記の関節リウマチ診療ガイドライン2014(一般社団法人日本リウマチ学会作成)にしたがって、関節リウマチの治療を行っていきます。治療目標臨床症状の改善のみならず、関節破壊の抑制を介して長期予後の改善、特に身体機能障害の防止と生命予後の改善を目指す。治療方針1.関節炎をできるだけ...

≫続きを読む

 

抗リウマチ薬

 抗リウマチ薬(ここでは化学合成された抗リウマチ薬について説明します)は、免疫系を調整、もしくは抑制して、リウマチの状態を良くする薬です。直接的な抗炎症作用はほとんどありません。このため、ほとんどの抗リウマチ薬は遅効性で、効果発現まで1〜2ヶ月を要します。最近は併用療法が注目されています。メトトレキ...

≫続きを読む

 

メトトレキサート

メトトレキサート(methotrexate:MTX)MTX(商品名、リウマトレックスカプセル、メトレート錠、メトトレキサート錠など)は、関節リウマチの治療では世界中で最もよく使用される内服薬です。MTXは、免疫抑制作用を持つ抗リウマチ薬で、関節リウマチと診断されたらまず最初に使うべき薬剤の1 つです...

≫続きを読む

 

生物学的製剤

生物学的製剤とは 生物学的製剤とは化学的に合成されたものではなく、培養細胞や大腸菌などの細菌を利用し作成された、サイトカインなど生体由来の物質や細胞表面の物質などに反応する高分子化合物です。高分子化合物であるため、細胞内に入ることはなく、血液中、細胞外、細胞表面で作用します。具体的な生物学的製剤とし...

≫続きを読む

 

関節リウマチ薬の内服の注意点Q&A

Q1:かぜをひいた場合、かぜ薬を内服してもよいか?A1:1)生物学的製剤(エンブレル、レミケード、ヒュミラ、シンポニー、アクテムラ、オレンシアなど)、免疫抑制剤(メトトレキサート:MTX、プログラフなど)、ステロイド、NSAIDSを投与されている場合は注意が必要です。主治医や薬剤師に相談してください...

≫続きを読む

 

リウマチ患者の日常生活上の注意

 リウマチの治療法としては、基礎療法、薬物療法、リハビリテーション療法、手術療法の4つが基本の柱となります。今回は、その中で、基礎療法、すなわち日常生活上の注意点について説明いたします。[1] 安静と運動 最初にリウマチ患者さんからよく聞かれる質問について検討してみましょう。リウマチの時は、「休んだ...

≫続きを読む

 

リウマチとインフルエンザ

Q1:どうしてリウマチ患者さんはインフルエンザの予防接種を受けたほうがよいのでしょうか?リウマチ患者さんでは免疫力が低下していることより、インフルエンザにかかると重篤な病態(肺炎など)になる可能性があります。さらに、リウマチ患者さんが内服しているボルタレンなどの消炎鎮痛剤(痛み止め)はインフルエンザ...

≫続きを読む

 

ACR・コア・セット、DAS

ACR・コア・セット  アメリカ・リウマチ協会(ACR)が作成した評価基準です。日本でも、薬の有効性を評価する基準に広く使われています。@ 疼痛関節数A 腫脹関節数B 患者による疼痛の評価( Visual analogue scale )C 患者による全般的活動性の評価( Visual analog...

≫続きを読む

 

関節リウマチと喫煙

喫煙の関節リウマチへの影響1)Free radicalの産生の増加→炎症の誘発2)滑膜細胞のアポトーシスの抑制→滑膜細胞の異常増殖3)肺や気道においてシトルリン化蛋白を生成する→抗CCP抗体産生4)IL-1, IL-6, TNFαの産生増加5)メトトレキサート(MTX)のポリグルタミン酸化の抑制 M...

≫続きを読む

 

関節リウマチと脳心血管病変

関節リウマチと脳心血管病変 関節リウマチでは心房細動、心筋梗塞、脳卒中などの脳心血管病変の発症リスクが高いことが知られている。下表のごとく、関節リウマチでは、心筋梗塞、脳卒中などの脳心血管病変の発症リスクが1.29-1.96倍増加する。 このリスクは年齢が若いほど高くなる。 また、関節リウマチでは心...

≫続きを読む

 

関節リウマチと悪性腫瘍

関節リウマチ患者における悪性腫瘍発症率は、一般住人とほぼ同じ 関節リウマチ患者において、悪性腫瘍の発症率を一般住人の発症率と比べたmeta-analysisが2015年に下記のごとく発表されました。 この図では、全悪性腫瘍の発症率に関して、23の文献をまとめ、Total pooled SIRが算出さ...

≫続きを読む

 

エンブレル全国講演会2016

2016年5月22日 エンブレル全国講演会に参加してきました。以下の3講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。現在のRA治療戦略 竹内 勤先生 慶應義塾大学リウマチ科 生物学的製剤+MTXで寛解にいたった場合、患者に生物学的製剤とMTXどちらを減量したいですかと相談したところ、7:3...

≫続きを読む

 

Biologics Expert Seminar in RA

2017年6月3日(土) 東京のホテル椿山荘東京で開催されたBiologics Expert Seminar in RAについて報告します。ホテルの日本庭園です。三重塔の近景です。蛍を見ることができました。「生物学的製剤の用量調節と免疫原性」(金子 祐子先生 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科...

≫続きを読む

 

エンブレル全国講演会2017

 2017年7月2日 エンブレル全国講演会2017に参加してきました。以下の3講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。日常診療での関節リウマチの鑑別疾患 岸本 暢將先生 聖路加国際大学聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center 関節リウマチとの鑑別が必要なさ...

≫続きを読む

 

オルミエント全国講演会

 2017年7月22日(土) オルミエント全国講演会に参加してきました。以下の講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。 オルミエント(商品名)は一般名をバリシチニブ(baricitinib)といい、JAKを阻害することにより、炎症を抑える経口薬剤です。2017年7月に製造承認されまし...

≫続きを読む

 

JAK ACADEMY in 名古屋

 2017年9月2日(土) JAK ACADEMY in 名古屋に参加してきました。以下の講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。 今回は主にトファシチニブに関する内容でした。関節リウマチにおけるJAK阻害剤の意義 医療法人社団博恵会 桃原 茂樹先生 トファシチニブは免疫担当細胞であ...

≫続きを読む

 

HUMIRA National Symposium 2017

 2017年10月21日(土) 台風21号が接近中のときにHUMIRA National Symposium 2017に参加してきました。以下の講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。抗TNF抗体製剤の実力 -TNF産生細胞に対する効果を踏まえて- 九州大学病院別府病院院長 堀内 孝...

≫続きを読む

 

ORENCIA SUMMIT in 2017

 2017年10月29日(日) 台風22号が接近中のときにORENCIA SUMMIT in 2017に参加してきました。以下の講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。臨床研究のデザインとデータ解析 -臨床試験からリアルワールドデータヘ- 京都大学大学院医学研究科 医学統計生物情報学...

≫続きを読む

 

第6回RAとIL-6研究会

 2017年11月11日(土) 第6回RAとIL-6研究会に参加し、以下の講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。関節リウマチ治療における肝障害とマネジメント 福島赤十字病院 内科・消化器内科 宮田 昌之先生  この講演は最後の数分しか聴講できませんでした。 FIB-4 index:...

≫続きを読む

 

ゼルヤンツカレッジ in Tokyo 2018

 2018年3月17日(土) ゼルヤンツカレッジ in Tokyo 2018に参加し、以下の講演を聴いてきました。印象に残ったコメントを記載します。ゼルヤンツ錠特定使用成績調査(全例調査)中間報告 和歌山県立医科大学 リウマチ・膠原病科学講座 藤井 隆夫先生  感染症、悪性腫瘍、間質性肺炎の発生に要...

≫続きを読む

 

関節リウマチと妊娠

 2018年9月12日(水)国立成育医療研究センター 主任副センター長 村島 温子 先生の講演「関節リウマチ・リウマチ膠原病疾患の妊娠」、2018年9月22日(土)豊橋市民病院 リウマチ科 部長 平野 裕司 先生の講演「女性関節リウマチ患者の妊娠・出産と関節リウマチの薬物治療」を拝聴してきました。印...

≫続きを読む

 

リウマチと災害

 2018年 12月2日JCR2018 全国中央教育研修会 大阪大会に出席し、冨岡 正雄先生(大阪医科大学 救急医学教室 准教授)の「災害時の医療制度について- 関節リウマチを含む慢性疾患の患者支援のために知っておくべき知識 -」を拝聴してきました。印象の残ったコメントを掲載いたします。災害の関節リ...

≫続きを読む

 

関節リウマチの手術

 2019年5月23日(木)浜松医科大学整形外科 鈴木基裕先生による講演「最近の関節リウマチ治療の要点−診断・薬物療法から手術治療まで−」を拝聴してきました。印象の残ったコメントを掲載いたします。少し勉強したことも追加してあります。 北米からの報告でも関節リウマチ患者の入院が半減していることが示され...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ