後藤内科医院、リウマチ科、内科

メトトレキサート

メトトレキサート(methotrexate:MTX)

 

MTX(商品名、リウマトレックスカプセル、メトレート錠、メトトレキサート錠など)は、関節リウマチの治療では世界中で最もよく使用される内服薬です。MTXは、免疫抑制作用を持つ抗リウマチ薬で、関節リウマチと診断されたらまず最初に使うべき薬剤の1 つです。MTXには、直接痛みを抑える作用はないので、服用後すぐに関節痛が楽になるわけではありません。ただ、服用後2週〜4週程度で関節症状が改善していきます。

 

1940年代に葉酸拮抗薬であるアミノプテリンが開発され、その後、1960年頃に新たな葉酸拮抗剤としてMTXが開発されました。MTXは、プリン代謝(DNA合成)、アミノ酸代謝を阻害し、白血病や乳がんなど幅広い悪性腫瘍に対し抗腫瘍効果を有しています。

 

1951年にアミノプテリンが関節リウマチ患者に投与され、有効であることが初めて報告されましたが、強い副作用がみられたため、広く普及しませんでした。その後、1985年にMTXの投与方法を工夫した関節リウマチ患者を対象とした二重盲検無作為化比較試験で有効性ならびに安全性が報告され、米国では1988年に関節リウマチ治療薬として認可されました。日本では1999年から保険適応となりました。

 

また、日本リウマチ学会からのパンフレットもダウンロードできます。

 

MTXの細胞内薬理作用

細胞内に入ったMTXは、葉酸拮抗剤としてジヒドロ葉酸レダクターゼと強固に結合して、ジヒドロ葉酸のテトラヒドロ葉酸への還元を阻害します。関節炎の原因となっている滑膜細胞やリンパ球は、関節内でさかんに細胞増殖をしています。MTXにより細胞増殖に不可欠な葉酸の働きが抑えられると、炎症細胞は減ってきて、関節炎が治まってくると考えられています。

細胞内の遊離MTXは代謝されて、末端のグルタミン酸が連鎖的に付加されてMTX-ポリグルタミン酸(MTX-polyglutamates)になります。このMTX-ポリグルタミン酸は、細胞内に長く留まり、ジヒドロ葉酸レダクターゼの作用を長く阻止し、滑膜細胞やリンパ球などのDNA合成を阻害します。後述しますが、これがMTXを週1-3回内服するだけで効果が1週間続く理由です。尚、喫煙はMTXのポリグルタミン酸化を抑制することが知られています。

 

最近MTXは葉酸拮抗作用の他にJAK1のリン酸化を阻害することで、基質であるSTAT1,5のリン酸化を阻害することが報告されました。この作用は葉酸でブロックされないことがわかっています。

 

MTXの効果

関節リウマチ患者さんの5-6 割くらいに、関節の痛みや腫れが軽くなる効果がみられ(ACR20)、2割くらいの患者さんは、ほぼ完全に関節痛や腫脹がなくなる状態(寛解状態)になります。寛解状態になった患者さんでは、関節の破壊が完全に止まり、こわれた骨の修復がみられる場合もあります。
当然、生活の質も改善し、寿命にも良い影響があることが報告されています。米国の関節リウマチ患者 22,545例を1998から2005年まで死亡率を追跡した所、MTXを服用していない患者さんの死亡危険率を1とすると、MTX投与患者では危険率が0.84に低下していました(Michaud K, Wolfe F. Arthritis Rheum (2005) 52: S145.)。

 

投与前検査、定期検査

MTX内服中には、副作用として肝機能障害、白血球減少、貧血、血小板減少が見られることがありますので、投与前に血液検査が必要です。また、腎機能障害があると、MTXが体内に残りやすくなるので、腎機能(クレアチニン、尿素窒素)も事前にチェックします。また、MTX投与後にも、副作用を早期に見つけるために定期的に血液・尿検査、胸部X線検査を施行します。

 

B型肝炎のキャリアにMTX投与などの免疫抑制療法を施行すると、治療中または終了後に、致死的な重症肝炎を発症する場合があります。一方,臨床的には治癒状態と考えられていたB型肝炎の既往感染例においても、強力な免疫抑制療法に伴って、キャリア発症例と同様に肝炎を発症する場合があることが注目を集めています。このような形で発症したB 型肝炎は劇症化する頻度が高率で、一旦劇症化すると極めて生命予後が不良です。そこで、MTX投与前に、HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体(場合によっては、HBV-DNA量)をチェックします。また、同時にC型肝炎の抗体も検査します。

 

日本は先進諸国の中では結核の患者が多い国です。結核既往(過去に結核に感染したが現在はほぼ治癒の状態)患者にMTXなどの免疫抑制剤を投与すると結核が再燃する危険性があります。そこで結核の既往をチェックするためにツベルクリン反応、結核菌インターフェロンγ遊離試験、胸部X線(場合によっては胸部CT)の検査を行います。検査で陽性の(結核既往があり再燃の危険性がある)の患者さんには、予防投与とて、イソニアジド 300mgを、MTX投与4週間から内服開始していただき、6〜9ヶ月間投与を継続していただきます。MTXによる副作用である間質性肺炎は肺疾患がもともとある患者さんに生じやすいので、MTX投与前に胸部X線(場合によっては胸部CT)を撮る必要があります。

 

MTXの飲み方

MTXは、毎日内服する薬ではないので要注意です。主治医、薬剤師の指示通り内服してください。1週間のうち1日か2日(たとえば、日曜日と月曜日)を内服する日を決めて、残りの日(たとえば、火曜日〜土曜日)は内服しません。1週間あたりの内服量は、4mg〜16mg、すなわち2〜8錠(または2〜8カプセル)となります。飲み方の具体例を下記に示します。一般的には、最初は1週間に6mg か8mg からはじめて、効果と副作用をみながら最大16mg まで増量していきます。副作用対策として、葉酸を内服していただくこともあります(葉酸の項参照)。
<1日で飲む場合(日曜日に内服するケース)>

 
MTX

朝   夕
内服  内服

           
葉酸   夕 内服 または 朝 内服        

<2日に分けて飲む場合(日・月曜日に内服するケース)>

 
MTX

朝   夕
内服  内服

朝   
内服

         
葉酸     夕 内服 または 朝 内服      

 

MTXを飲み忘れた場合

万が一MTXを飲み忘れた場合は、その飲み忘れた分のMTXは服用しないで翌回分から指示通りに飲むようにしてください。たとえば、日曜日朝 2mg、夕2mg、月曜日朝2mg内服する患者さんが、日曜日の朝の分を飲み忘れた場合は、日曜日の夕の分から内服してください。夕に4mg内服するということはやめてください。不明な時は、主治医もしくは薬剤師に相談してください。次回診察時に、飲み忘れたことを必ず主治医に伝えてください。

 

薬や嗜好物との相互作用

下記に示す薬との飲み合わせによっては、MTXの作用が強まり、副作用がでやすくなることがあります。服用中の薬は必ず主治医に報告してください。また、別の病院で診察を受けるときも、MTXを内服していることを伝えてください。
1)作用を増強する薬剤として、利尿剤(ラシックス等)、鎮痛薬(NSAIDs:ロキソニン、ボルタレンなど)や抗生物質、抗菌薬、ST合剤(バクタ)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、フェノバルビタール(フェノバール)、プロベネシド(ベネシッド)、レフルノミド(アラバ)、プロトンポンプ阻害薬(オメプラール、オメプラゾン、タケプロン、パリエット、ネキシウム等)などがあります。
2)生ワクチンの予防接種は避けてください。
3)アルコールはMTXによる肝臓の副作用を起こしやすくします。飲酒は、できるだけ控えましょう。
4)喫煙により、細菌性肺炎、間質性肺炎などの肺の副作用がでやすくなります。また、喫煙によりMTXの効果の減弱が報告されています。禁煙しましょう。

 

MTXの副作用

多くは軽症の消化器症状で、食欲不振、吐気、嘔吐、口内炎などです。次に重要な副作用について述べます。下記の症状が出現した時は、自己判断せずに、主治医や薬剤師に相談したり、医療機関に受診したりしてください。

症状 疑われる副作用
38℃以上の高熱    感染症、間質性肺炎
以前にはなかった咳や息苦しさ   さまざまな肺炎、間質性肺炎
咳や痰がなかなか良くならない。微熱が持続する。 結核、非結核性抗酸菌症、肺真菌症
食事がとれないほどの口内のただれ   骨髄抑制
からだ中に青あざができるなど出血しやすい傾向がある 骨髄抑制

原因がはっきりしない皮膚の症状や首のまわり・脇の下のしこりが持続する。寝汗をかく。

感染症、リンパ腫

 

骨髄抑制

MTXが骨髄の細胞の増殖を強く抑えすぎると、白血球、血小板、赤血球が減少することがあります。白血球が減少すると、感染症(肺炎、尿路感染症など)を発症することがあります。症状としては、咳・痰、発熱、のどの痛み、倦怠感、頻尿、排尿時痛などです。血小板減少では、出血が止まりにくくなるため、手足の出血(皮下出血、青あざ)や歯肉出血、鼻出血などの症状がでることがあります。赤血球減少(貧血)では、倦怠感、動悸、立ちくらみなどが見られます。

 

間質性肺炎

痰のからまない空咳、息切れ、呼吸困難感、発熱などの症状が出現することがあります。放置すると重症化する危険性があります。

 

感染症

肺炎、肺結核、尿路感染症、皮膚(帯状疱疹など)や化膿性関節炎などの感染症がおきることがあります。肺の感染症としては細菌性肺炎、ニューモシスチス肺炎(カビの一種による肺炎)、ウイルス性肺炎のほか、肺結核、非結核性抗酸菌症、肺真菌症(アスペルギルスなどのかび)があります。

 

肝機能障害

軽度の肝機能障害のときは、自覚症状はありませんが、倦怠感や嘔気が見られることがあります。まれに、B型肝炎の再活性化がおこることがあります。
FIB-4 index:血液生化学的検査データ(ALT、AST、血小板数)を用いた肝線維化予測値でメトトレキサート(MTX)による肝線維化の推測にも有用。
算出方法
(年齢×AST)/(血小板数[1000/μL]×(ALT)1/2)
https://www.eapharma.co.jp/medicalexpert/product/livact/fib-4/calculator.html

 

リンパ節腫脹

リンパ腫を合併することがあります。MTX中止により自然に軽快する例もありますが、化学療法(抗がん剤の投与)などが必要な場合もあります。急に首や脇の下のリンパ節が腫れ、同時に、熱がでたり、寝汗をかいたり、やせてくる場合は要注意です。

 

MTXと妊娠・授乳

男女ともに内服中・内服中止後3ヵ月は妊娠を避けましょう。MTXにより流産や奇形が誘発されやすいことが知られており、男女とも妊娠を希望する少なくとも3ヵ月前にはMTXを中止してください。また、MTXは乳汁中に分泌されるため、授乳中はMTXを内服しないようにします。

 

葉酸

MTXの副作用を防ぐために処方されます
1)MTXによる消化器症状、口内炎、白血球減少、肝機能障害は葉酸併用により発現率が減少します。
2)MTX最終服用後24-48時間あけて、葉酸(商品名 フォリアミン)5mgを投与しています。
3)高齢者(70歳以上)、腎機能低下患者などでは、MTX投与開始時から葉酸を併用します。それ以外の場合では消化器症状、口内炎、白血球減少、肝酵素上昇などの副作用が出現したら、葉酸併用を開始します。

 

手術や抜歯を受ける時

手術や抜歯を受ける場合にはあらかじめ主治医に相談しましょう。MTX内服により、手術後の感染症を起こしやすくなったり、抜歯後に菌血症(歯を抜いた部位から歯の周囲の細菌が血液中に入り、全身に回る状態)を起こす危険性があります。

 

最近、米国ではMTXの皮下注製剤が承認されました。

 

 

このページは主に日本リウマチ学会が作成したパンフレット「メトトレキサートを服用する患者さんへ」を参照しています。

関連ページ

リウマチ因子とは
リウマチ因子について説明します。
関節リウマチの治療
関節リウマチの治療について
抗リウマチ薬
抗リウマチ薬について説明します。
生物学的製剤
生物学的製剤について説明します。
JAK阻害剤
JAK阻害剤について説明します。
関節リウマチ薬の内服の注意点Q&A
関節リウマチ薬の内服の注意点について説明します。
リウマチ患者の日常生活上の注意
関節リウマチ患者が日常生活上で注意すべき点について説明します。
リウマチとインフルエンザ
関節リウマチとインフルエンザについて説明します。
ACR・コア・セット、DAS
ACR・コア・セット、DASについて説明します。
関節リウマチと喫煙
関節リウマチと喫煙について説明します。
関節リウマチと脳心血管病変
関節リウマチと脳心血管病変について説明します。
関節リウマチと悪性腫瘍
関節リウマチと悪性腫瘍について説明します。
関節リウマチと妊娠
関節リウマチと妊娠について説明します。
リウマチと災害
リウマチと災害について説明します。
関節リウマチの手術
関節リウマチの手術について説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ