後藤内科医院、リウマチ科、内科

関節リウマチと脳心血管病変

関節リウマチと脳心血管病変

 関節リウマチでは心房細動、心筋梗塞、脳卒中などの脳心血管病変の発症リスクが高いことが知られている。下表のごとく、関節リウマチでは、心筋梗塞、脳卒中などの脳心血管病変の発症リスクが1.29-1.96倍増加する。

 

 このリスクは年齢が若いほど高くなる。

 

 また、関節リウマチでは心房細動のリスクが1.42倍増える。

 

 関節リウマチではTNFαが血液中などに増加しているか、このTNFαがインスリンの作用を抑制し、インスリン抵抗性が高まることが脳心血管病変の発症リスク増加の一因と考えられている。

 

関節リウマチにおける脳心血管病変の危険因子

 年齢、CRP高値、RF陽性、喫煙が関節リウマチ患者において、脳心血管病変の危険因子となる→禁煙が推奨される。

 

 

薬剤による脳心血管病変発症への影響

 TNFα阻害剤、MTXは関節リウマチ患者の心血管病変のリスクを低減させるが、消炎鎮痛剤(NSAIDS)、ステロイドは増加させる。

関節リウマチ、乾癬、乾癬性関節炎おける心血管病変に対するTNFα阻害剤、Methotrexate、NSAIDS、ステロイドの効果(上の図のまとめ)

Ann Rheum Dis 2015;74:480-489.

 

TNFα阻害剤はインスリン抵抗性を改善させる。


PLOS ONE | DOI:10.1371/journal.pone.0128889 June 25, 2015

 

HOMA-IR(Homeostasis model assessment of insulin resisitance) =空腹時の血中インスリン濃度(μU/ml)×空腹時血糖値(mg/dl)/405
正常:1.6>、インスリン抵抗性:2.5<
QUICKI (Quantitative insulin sensitivity check index)=1/[log(空腹時血中インスリン濃度(μU/ml) )+log(空腹時血糖(mg/dl) )]
正常:0.348〜0.430

関連ページ

リウマチ因子とは
リウマチ因子について説明します。
関節リウマチの治療
関節リウマチの治療について
抗リウマチ薬
抗リウマチ薬について説明します。
メトトレキサート
メトトレキサートについて説明します。
生物学的製剤
生物学的製剤について説明します。
JAK阻害剤
JAK阻害剤について説明します。
関節リウマチ薬の内服の注意点Q&A
関節リウマチ薬の内服の注意点について説明します。
リウマチ患者の日常生活上の注意
関節リウマチ患者が日常生活上で注意すべき点について説明します。
リウマチとインフルエンザ
関節リウマチとインフルエンザについて説明します。
ACR・コア・セット、DAS
ACR・コア・セット、DASについて説明します。
関節リウマチと喫煙
関節リウマチと喫煙について説明します。
関節リウマチと悪性腫瘍
関節リウマチと悪性腫瘍について説明します。
関節リウマチと妊娠
関節リウマチと妊娠について説明します。
リウマチと災害
リウマチと災害について説明します。
関節リウマチの手術
関節リウマチの手術について説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ